2023.12.27

イベントレポート

スタートアップは世界を目指そう「Starup Grind Tokyo」

当協会は、日本のエンジェル投資環境を整え、スタートアップの成長を後押しする活動をしています。月に1度のペースで、活動報告、最新ニュース、ピッチイベントのレポートなど、エンジェル投資に関わる様々な情報を発信していきます。

2023年12月に東京で開催された「Startup Grind Tokyo End of 2023 Party」に、代表理事の山本敏行がパネリストとして参加いたしました。シリコンバレー発、世界最大規模のスタートアップ・エコシステムを支えるStarup Grind の、東京で初となるオフライン開催のイベント。
グローバル思考なスタートアップ、投資家、支援者が集い大いに盛り上がったイベントの中から、エンジェル投資に関わる部分をピックアップしてレポートいたします。

Startup Grind Tokyo 山本敏行

「グローバル」を目指すのは当たり前

Startup Grindは世界125カ国、600都市、500万人以上のメンバーを有する、世界最大規模のスタートアップコミュニティです。東京で開催する初のオフラインイベントということで、運営の皆さんの気合いを感じました。

イベントのテーマはもちろんのこと、登壇者も参加者も「グローバル」を意識した方達が参加していました。

山本:お話しした方々は、海外に向けたビジネスをしている、世界の投資家協会にも所属している、海外の協会と繋がっているといった、世界に目を向けているグローバル思考な人達ばかり。
私が「日本もグローバルでやるべきだー!」と意気込んで、12年前にシリコンバレーに行った時は「スタートアップって何?」と言われる時代でしたが、最近は猫も杓子も「スタートアップ」「グローバル」というワードが出てくるようになりました。
当協会にも、毎日そういったお問い合わせをいただきます。投資先も「海外を目指します」とか、海外の投資コミュニティと意見交換へのお誘いとか・・・。時代は本当に変わったと思いますし、今回のStarup Grind Tokyoのイベントは、まさに時代の流れにマッチしていると感じました。

エンジェル投資に関するパネルディスカッション

Startup Grind Tokyo 山本敏行

左から本庄氏、石井氏、山本、森本氏

当理事の山本は、エンジェル投資に関するパネルディスカッションに、パネリストとして登壇しました。登壇者である下記の3名と、モデレーターとして本荘 修二氏が参加しました。

・石井 芳明氏(経済産業省 内閣官房参事/独立行政法人中小企業基盤整備機構ファンド事業部審議役)
・森本 千賀子氏(株式会社morich 代表取締役、AllRounderAgent)
・山本 敏行(日本エンジェル投資家協会 代表理事)

エンジェル税制がR6年4月に改正

経済産業省の石井氏からは、スタートアップと個人投資家の双方にとって有益な制度である「エンジェル税制」の改正ポイントについて説明がありました。 令和5年の改正で対象が拡充され、令和6年の改正で利便性が向上します。

最も大きな改正点は、新株予約権(J-KISS)が、エンジェル税制の対象に加わったことです。
*J-KISSとは、新株予約権を利用した簡易な資金調達手法で、主にシード期の調達で用いられます。

「新株予約権も税制優遇の対象にして欲しい」という声は非常に多かったものの、普通株ではないものを税制優遇するのはさすがに難しく、時間がかかりました。今回の改正で、今まで完全に対象外だった新株予約権が、普通株になった年度から、遅れて税制優遇が受けられるようになります。

これは資金調達したいスタートアップ、エンジェル投資家、どちらにとっても、とても嬉しいニュースなのではないでしょうか。

エンジェル税制について、簡単にまとめておきます。
概要は以下の通りです。

  1. 起業特例: 企業設立時の自己資金による出資額全額が非課税となります。ただし、20億円を超える出資分は課税繰延となります。
  2. 優遇措置A: 対象企業への投資額全額から2,000円を差し引いた金額が総所得金額から控除されます。控除上限は総所得金額×40%、または800万円のいずれか低い方。
  3. 優遇措置A-2: 対象企業への投資額全額が非課税。(上限なし)
  4. 優遇措置B: 対象企業への投資額全額が株式譲渡益から控除。(上限なし)
  5. プレシード・シード特例: 非課税で、上限なし。

エンジェル税制の概要 エンジェル投資家協会

経済産業省ウェブサイトより

また、未上場スタートアップ株式の売却による損失は、その年の他の株式譲渡益と通算(相殺)できるだけでなく、翌年以降3年にわたって、順次株式譲渡益と通算(相殺)できる仕組みもあります。

詳しくはこちら

法律改正への働きかけがキー

当理事の山本からは、エンジェル投資家として良いスタートアップをどう見抜くか、という話をしました。
投資をする上で最も重要な「スタートアップの目利き」に関しては、3月21日発刊『エンジェル投資家 実践バイブル – 絶対投資すべき起業家、してはいけない起業家』の中で詳しく語っています。

また、法律を改正することで広がりを見せる業界は多いので、今後、日本エンジェル投資家協会として法改正の働きかけをしていきたい、というお話しもしました。

山本:日本は数十年前に作った規制を、時代の変化に合わせないまま、未だに遵守しているんですよね。例えば電動キックボード「LUUP」のように、法律を変えることでブルーオーシャンが広がっていく業界は多いと感じます。

介護業界ではDX化が進みこんなに人が要らないのに、昭和時代に決まったルールのままやっている。美容業界でも人手不足は深刻なのに、未だにサザエさんカットが卒業課題になっていたり!今時その髪型にする人いないのに、青春の大切な時期をサザエさんカットの練習にあてなければならない。(笑)

法改正を視野に入れて事業をつくっていくことは、シード期から始めた方が良いと思うのです。そして、その企業が上場の時に法改正も出来れば、一気に変わりますからね。

ー 当協会としても、全力で支援していきます。

スタートアップ支援の在り方

「スタートアップ5カ年計画」など、国をあげてスタートアップ支援に力を入れていますが、一過性のもので終わってほしくはありません。
今後、スタートアップ支援はどうあるべきなのでしょう?

山本:スタートップの支援は、十数年前に比べるとありとあらゆる方が力を入れていて、現在では十分に戦える武器と環境が揃っていると感じます。そもそもスタートアップは、何もない所からでも頑張って勝ち上がって行かなければならないので、あとは頑張るのみです。

逆に、圧倒的に足りていないのが、リテラシーのあるエンジェル投資家です。協会を立ち上げて数ヶ月ですが、エンジェル投資家とのコミュニケーション、連携の仕方は手探り状態の方が多いように感じます。行政の方からも多くのお問い合わせをいただきます。

シリコンバレーがなぜスタートアップの聖地になったかと言えば、しっかりとしたエンジェル投資家の厚い層があったからなので、これからもエンジェル投資家の育成に注力していきます。

 

Startup Grind Tokyo 山本敏行

熱気に包まれる会場

 

 


一般社団法人日本エンジェル投資家協会では、エンジェル投資家向けの「エンジェル会員」、スタートアップを支援している自治体や企業・団体向けの「パートナー会員」を募集しています。

会費は無料です。ぜひ一緒にスタートアップの成長を支える活動をしませんか?

詳しくはこちら → https://j-angel.jp/

イベント情報

Startup Grind Tokyo 山本敏行

登壇者、関係者と記念撮影

 

  • 開催場所:City Lab Tokyo
                        中央区京橋3丁目1-1
                        東京スクエアガーデン6階 シティラボ東京
  • 内容:シリコンバレー発!世界最大規模(125カ国、600都市、500万人のメンバーを有する)のグローバル・スタートアップ・エコシステムを支えるStartup Grindの東京チャプター Startup Grind Tokyo のリアルイベント
  • 主催:Startup GRIND TOKYO運営事務局
  •  登壇者:
    入江 のぶこ氏(東京都都議会議員)
    東京建物
    City Lab TOKYO
    森若 幸次郎 John Kojiro Moriwaka (Startup Grind Tokyo ディレクター)
    Luke Tanaka (Startup Grind Tokyo MC)

    パネルディスカッション① ーエンジェル投資ー

    ・石井 芳明氏(経済産業省 内閣官房参事/独立行政法人中小企業基盤整備機構ファンド事業部審議役)
    ・本荘 修二氏 (本荘事務所 代表)
    ・森本 千賀子氏(株式会社morich 代表取締役AllRounderAgent)
    ・山本 敏行氏(Chatwork創業者/日本エンジェル投資家協会 代表理事 / Power Angels CEO)

    パネルディスカッション②ーベンチャーキャピタルー
    ・山口 冬樹氏 (Abies Ventures マネージング・パートナー)
    ・鈴木 絵里子氏 (Kind Capital 代表取締役)
    ・井上 智子氏 (オムロンベンチャーズ 代表取締役社長)
    ・宗原 智策氏 (NordicNinja VC マネージング・パートナー)

    台湾のベンチャーキャピタルによるスピーチ
    ・遠藤 聡美氏 (BE Health Ventures アジア太平洋ビジネス開発部プロジェクト コ・リーダー)

    スペシャル対談
    ・出雲 充氏(株式会社ユーグレナ 代表取締役社長)
    ・森若 幸次郎 John Kojiro Moriwaka  (Startup Grind Tokyo ディレクター)

    グローバルベンチャーキャピタルによるスピーチ
    ・名雲 俊忠氏(Pegasus Tech Ventures Japan CEO

      • 開催日時:2023年12月22日(金)18:45~21:30
      • 開催場所:City Lab Tokyo
                            中央区京橋3丁目1-1
                            東京スクエアガーデン6階 シティラボ東京
      • 内容:シリコンバレー発!世界最大規模(125カ国、600都市、500万人のメンバーを有する)のグローバル・スタートアップ・エコシステムを支えるStartup Grindの東京チャプター Startup Grind Tokyo のリアルイベント
      • 主催:Startup GRIND TOKYO運営事務局
      •  登壇者:
        入江 のぶこ氏(東京都都議会議員)
        東京建物
        City Lab TOKYO
        森若 幸次郎 John Kojiro Moriwaka (Startup Grind Tokyo ディレクター)
        Luke Tanaka (Startup Grind Tokyo MC)

        パネルディスカッション① ーエンジェル投資ー

        ・石井 芳明氏(経済産業省 内閣官房参事/独立行政法人中小企業基盤整備機構ファンド事業部審議役)
        ・本荘 修二氏 (本荘事務所 代表)
        ・森本 千賀子氏(株式会社morich 代表取締役AllRounderAgent)
        ・山本 敏行氏(Chatwork創業者/日本エンジェル投資家協会 代表理事 / Power Angels CEO)

        パネルディスカッション②ーベンチャーキャピタルー
        ・山口 冬樹氏 (Abies Ventures マネージング・パートナー)
        ・鈴木 絵里子氏 (Kind Capital 代表取締役)
        ・井上 智子氏 (オムロンベンチャーズ 代表取締役社長)
        ・宗原 智策氏 (NordicNinja VC マネージング・パートナー)

        台湾のベンチャーキャピタルによるスピーチ
        ・遠藤 聡美氏 (BE Health Ventures アジア太平洋ビジネス開発部プロジェクト コ・リーダー)

        スペシャル対談
        ・出雲 充氏(株式会社ユーグレナ 代表取締役社長)
        ・森若 幸次郎 John Kojiro Moriwaka  (Startup Grind Tokyo ディレクター)

        グローバルベンチャーキャピタルによるスピーチ
        ・名雲 俊忠氏(Pegasus Tech Ventures Japan CEO