2024.3.21

お知らせ

新刊『エンジェル投資家 実践バイブル』本日発売

当協会は、日本のエンジェル投資環境を整え、スタートアップの成長を後押しする活動をしています。月に1度のペースで、活動報告、最新ニュース、ピッチイベントのレポートなど、エンジェル投資に関わる様々な情報を発信していきます。

この度代表理事の山本敏行が、6冊目となる本エンジェル投資家 実践バイブルを上梓することになりました。
今までは起業家・投資家の両面で語ることが多かったのですが、本書はエンジェル投資に関することだけを詰め込んだ、エンジェル投資家のバイブルとなる1冊です。

エンジェル投資家実践バイブル 絶対投資すべき起業家 してはいけない起業家 山本敏行

エンジェル投資家の醍醐味

— 本書の特徴、こだわりを教えてください。

山本:この本はエンジェル投資の基本から、起業家の見抜き方、投資後の関わり方まで、すべて網羅した内容になっています。エンジェル投資のハウツー本は他にも色々ありますが、「投資家を支援する」という部分にフォーカスしているのは、本書が初めてかと思います。

良い起業家を見つけること、その会社に投資できることが「成功の鍵」と考える人も多いですが、僕はそれだけではない、と言いたいです。
エンジェル投資家が持っている知識、人脈、経験を提供することで、投資先の成功率を高めることが出来るのです。

投資する際に「自分の存在価値って何だろう?」「投資家が自分であるべきか?」ということを考えられると、何かしら自分にギブできることが見つかります。起業家の助けになる、喜んでもらえることは、投資家の大きなやりがいになることを知って欲しいです。

自身の失敗談をシェアするのは、成功確率を上げて欲しいから

— 筆者も一足お先に読ませていただきましたが、「こういう起業家には投資するな」の章は衝撃的でした。

山本:そうですね、炎上覚悟で僕自身の過去の失敗からきた経験談を書きました。10年で70社に投資をしてきたからこそ言えることはあると思っていて、どんなところに落とし穴があるのか、具体的に説明しています。

エンジェル投資は、成功か失敗かがすぐにはわからなくて、「あの時の意思決定は良くなかった…」というフィードバックが数年後になるわけです。私が10年かけてわかった失敗例を、投資する前に知ってもらえるのですから、これは本当に貴重な情報ですよ(笑)

— 本の価格が少しお高いなと感じたのですが、損する額から考えたら圧倒的に安いですね!

山本:実は本書は、書店には並びません。書店に並べてもらう本というのは、当然のことながらある程度の発行部数を見込める市場がないといけないので、「エンジェル投資」という少しマニアックな領域の本は難しいのです。

今まで5冊本を出版しましたが、自分が書きたいことよりも、一般受けする内容を増やす必要がありました。そうやって、少しずつ信頼と実績を積み重ねて、自分が書きたいことが増えていき、今回は僕が書きたいタイトル、内容を100%盛り込むことができました。

芸能人のキャラ付けに似ていますよね。おばかキャラでいきましょう、○○星から来た設定にしましょう、キレるキャラにしましょう、という感じで事務所(出版社)が設定します。

Chatworkを創った「起業家」としての山本敏行から、「エンジェル投資家」の山本敏行に移行した転換点かもしれません。

投資してはいけないジャンル

— 本書の中から、気になる部分を少しだけご紹介します。

投資してはいけないジャンル(P 088)

エンジェル投資のする際には、しっかりと起業家を見極めることが重要ですが、Googleに対抗するような検索エンジンや、Facebookを代替するようなSNSなど、いくら優秀な起業家でも選ぶジャンルや市場によっては勝ち目のない勝負になります。

これから紹介するジャンルへのエンジェル投資には注意が必要ですが、ご自身がその業界にいらっしゃったり、その業界に知見や経験をお持ちであったりする場合は投資してもいいと思います。あくまでもエンジェル投資初心者の方への参考情報になります。

  • 流行り物・バズワード系
  • ハードウェア、ディープテック
  • SNS系
  • スポーツ、音楽、アート系
  • 学生向けのサービス
  • 文化、価値観を変える系
  • 美容・健康系
  • 若者×保守的な業界
  • 広告モデルに依存するビジネスモデル
  • 競合がいないジャンル

※それぞれに理由を解説しています。詳しくは本書をご覧下さい。

エンジェル投資 実践バイブル「投資してはいけないジャンル」

本書内「投資してはいけないジャンル」より一部抜粋

エンジェル投資に興味があるすべての方へ

— この本は、どんな方に手に取っていただきたいですか?

山本:エンジェル投資に興味がある方すべてですが、特に、まだエンジェル投資をしたことがない方には読んで欲しいです。「私にエンジェル投資なんて出来るのかな?」と、一歩を踏み出す勇気が持てない方が読んだら、きっと「よし、まずは行動してみよう」と思っていただけると思います。

また、士業、アクセラプログラムなどを開催している方々が「起業家とは?」を知る部分では、非常に参考になるのではないでしょうか。

先日、商工会議所の方とお話しをしていた時に、「決算時になると車ばっかり買い換えている経営者」の話になりまして、そういう方にはぜひ個人でエンジェル投資をしてみて欲しいですね。

 

まずはアクションすることが大切

— 最後にメッセージをお願いします。

山本:何かを始める時に、まず関連本を読んでみよう、YouTubeを観てみよう、という風に「情報収集」から入る方は多いと思います。しかし、大量のインプットをしていても、決して出来るようにはなりません。
教習所で学科の勉強ばかりしていても、実際に路上で運転しないことには、運転は上手くならないですよね。

投資は、その時の情勢や時代も大いに関係するので、とにかくやってみないとわからないことだらけです。

恋愛も、少なくとも2~3人付き合ってみないと、結婚相手として本当に自分に合う人は判断できません。
勇気を出して、まずは「投資」をしてみてください。
最初から1,000万といった大金をつぎ込んではいけません。100万〜500万の範囲で3〜5社くらいに投資してみましょう。

わからない時、困った時に本書を読み返していただければ、解決の糸口がきっと見つかるはずです。

 


一般社団法人日本エンジェル投資家協会では、エンジェル投資家向けの「エンジェル会員」、スタートアップを支援している自治体や企業・団体向けの「パートナー会員」を募集しています。
会費は無料です。ぜひ一緒にスタートアップの成長を支える活動をしませんか?

詳しくはこちら → https://j-angel.jp/